気が向いたならサウナから

好きなことを楽しく。興味のないものを根気よく。知らないものを好きになるように。

気が向いたのでカラダづくりを

腰が痛い。

これは紛れもなく、長時間のデスクワークと姿勢の悪さからくるもので

定期的に僕のカラダに起きる現象なのだが、

腰の痛みというものは一度気づくとそこからが難儀だ。

 

 

いつのまにかできていた傷にふと気づくと

なんだかどんどん痛く感じるように、

腰の痛みは一度意識するともう止まらない。

 

 

しかし、この痛みをうれしく思うこともあるのだ。

 

 

「痛みがある」→「集中できない」→「モヤモヤ」→「え?もう朝...?」

ここまでの負の連鎖は起きないが、

痛みがある以上、いつかは治さなければならないのである。

 

 

ということはつまり、治療を受けなければならないのだ。

痛みが生じた瞬間「受けなければならない」という義務が発生するのだ。

 

 

あたかも止むを得ずという表現をしたが言い直そう。

 

 

 

そう、僕には「マッサージに行ってもいいよ!」という

公式の許可が下りたのだ。

 

 

 

僕はマッサージが好きだ。

指でも肘でも足でも、ゴリゴリ押されたときに感じる痛みが大好きだ。

 

(そういえば、目薬が目にしみたり、消毒液が痛かったり、あれってすごい効果が発揮されているように感じますよね)

 

「お客さん、凝ってますねえ〜!」なんていわれた日には、

うつ伏せた僕の顔はしてやったりの表情だ。

 

 

 

さて、それでは早速マッサージに行ってやるか。カラダくん、感謝してくれたまえよ。

そんな気持ちでパソコンを開き、浮かれ気分ですぐに検索する。

 

 

「マッサージ 気持ちいい 格安」

 

 

もはや治すことでなく、一時の快楽を得ることがメインになっている。

「格安」という言葉も含まれているあたりもせこい。

「お金持ちになる方法 楽勝」と検索するのとなんら変わらない堕落ぶりだ。

 

 

しかしそれでも検索画面にはおびただしい数の候補が出てきた。

この世には、僕と同じ考えの人がたくさんいるのだろう。大丈夫か日本。

 

 

 

その中から選んだのは、自宅から近くクーポンを使えば60分で3,500円のお店。

お店へ向かう道中はもうスキップしたいくらいの気分だ。

 

 

間もなくしてお店に到着。

 

 

「お待ちしておりました。先にお会計をお願いします。」

 

はいはいお金ね。もうばっちりお釣りなしで用意しておりますよ。

 

「それでは、この中から好きな香りをお選びください。」

 

ん?香り?

 

 

考える暇もなく、目の前には12個の瓶が並べられた。

 

 

べるがもっと?あぷりこっと? …くりけっと?はないけれど、

聞いたことがあるようなないようなものが並んでいる。

 

うーむ。困った。わからない。

そんな中ついに救世主が現る。

 

 

「グレープフルーツ」

 

 

食べても美味しいグレープフルーツ。

絞っても美味しいグレープフルーツ。

香っても嬉しいグレープフルーツ。

 

 

「じゃあ、今日はグレープフルーツで」

 

なんてあたかも通のような素振りで唯一知っている香りをチョイスした。

 

 

ところでマッサージになんで香り???

そう思いながら個室へ通される。

 

 

 

「それじゃあ、その紙パンツに履き替えてお待ちください〜」

 

 

ん?紙パンツ?

 

 

 

紙パンツ?

 

 

 

「あの〜、下着も脱いでこれを履くんでしょうか?」

なんて間抜けな質問をしてしまった時点で、

マッサージ通であり香りの番人を演じていた僕の嘘は見抜かれただろう。

 

 

 

それにしても、香りを選ばされるわ、パンイチ(それもエグめの角度)にされるわ、

そっち系のマッサージ店なのかと思ってしまうほどだ。

 

 

 

そしてついにマッサージが始まる。

 

 

「今日はどうしました?」

 

いやー、腰が痛くて痛くて・・・

 

「承知しました」

 

 

すりすりすりすりすりすりすりすり......

 

 

ん?そこは背中だが?

腰の痛みは背中からってか?なるほど。カラダはすべてつながっているというしね。

 

すりすりすりすりすりすりすりすり......

 

 

すりすりすりすりすりすりすりすり......

 

 

すりすりすりすりすりすりすりすり......

 

 

 

 

 

ねえ、腰は???

 

 

 

 

 

「それでは、あったかいタオル乗せていきますね」

 

 

 

 

 

ねえ、コシは???

 

 

 

 

 

「それでは仰向けになってくださ〜い。頭をほぐしますね〜」

 

 

 

 

 

ネエ、コシハ???

 

 

 

「ぴぴぴ!ぴぴぴ!」

 

「はい、以上になります〜。お疲れ様でした〜」

 

 

 

 

ああ、いつの間に寝て痛んだ僕は。

 

 

 

いろいろな疑問を感じながら店を後にした。

 

 

夢でも見ていたのか。

いや、予約をした際のメールも残っている。

 

 

 

 

「60分 ¥3,500 / アロマオイルでリラックス★」

 

 

 

 

 

アロマオイル…。

 

 

 

 

ああ、間違えた。

これ、リゾート地で受ける奴だ。

これ、ananとかにのるやつだ。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、

紙パンツ一枚になったときの自分のカラダは情けないものだった。

 

 

 

予約ミスをした自分はもちろん、それもショックだった。

 

 

 

夏は始まっている。

 

 

カラダづくりをはじめよう。

 

 

 

終わり。

 

 

f:id:ge2:20170725003651j:plain

気が向かなくてもドラマが好き

テレビドラマが好きだ。

トレンドを詰め込んだ海外ドラマではなく、日本の、地上波の。

 

 

 

ドラマはコテコテであればあるほどいい。

ベタベタな展開であればあるほどいい。

 

 

例えば、モテない人生を送ってきたヒロインがいたとする。

そんな彼女がある日突然イケメンと出会い一目惚れする。

すると新しく始めたバイト先で、そのイケメンと同じ職場だという奇跡が起きる。

あくる日、そのバイト先にはまた別のイケメンが働いているという事実が判明。

するとなんと、そのイケメンBはイケメンAの兄弟だというからびっくり。

するとすると、今度は可愛い系イケメンのお客さんからアプローチを受ける。

するとするとすると、このイケメンCがイケメンAB兄弟の末っ子だというから

もう止まらない。そして3人のイケメンの間で、ヒロインの争奪戦が始まるのだ...

 

 

舞台は海辺がいい。潮風が吹けば吹くほどいい。

バイト先の店はオープンテラスのあるウッディな造りがいい。

恋のライバルは帰国子女がいい...

 

 

 

 

キリがないので、僕の趣味嗜好はこの辺で。

 

 

 

だいたい先週くらいから新しいクールのドラマが始まったのだが、今回も

全ドラマの録画が無事完了。ここからふるいにかけ、見続けるドラマの選別が始まるのだ。

 

 

 

呑気な趣味だと思われるかもしれないが、これが実はくたびれる。

 

 

 

というのも、僕が仕事を終え帰宅するのがだいたい早くて22時過ぎ。

各テレビ局で一日2〜3本のドラマが放送されていると考えると、

そこからは寝る間も惜しんでの視聴なのだ。

(バラエティ番組もこの合間で見ないといけないという事実は割愛しよう)

 

 

 

まあ基本的には好きなテレビドラマなので、楽しくは見ているわけである。

 

 

 

ちなみにリアルタイムではないが、本日はこちらを視聴。

 

 

f:id:ge2:20170719231355p:plain

 

「ウチの夫は仕事ができない」

 

 

 

うむ。キャッチーで刺激的なタイトルだ。

 

 

 

ネタバレになるのであまり多くは語らないが(このブログを見ている人はほぼゼロなので杞憂だろうが)、タイトル通り仕事のできないお荷物サラリーマンが、一生懸命働くことで成長していく内容だ。

 

 

 

程よくベタな展開なのだが、このドラマは僕のような人間にとっては凶器にもなる。

 

 

理由はお分かりだろう。

 

 

そう、

 

 

 

僕も仕事ができないんです。

 

 

 

 

入社して5年。

 

これまで何も考えずに働いてきたが、今現在、転職を真剣に考えている。

 

 

しかし、なにがしたいのかは見えてきていても、肝心の辞める度胸がない。

 

 

その胸中働くということは、人生で初めて経験する、「挫折する寸前の挫折」のような感覚だ。

 

 

 

僕はこのドラマを見て、自分のような主人公を見ても、「明日も前向きに頑張ろう」とか「一生懸命生きよう」という意識にはなれない。

 

 

ましてや「くだらない。自分はこんな人間にはならない」と奮闘することもできない。

 

 

そう、自分は何者でもないのだ。

 

 

そう痛感する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ていてそう感じたドラマでした。

 

 

 

終わり

気が向いたので漬けてみる

パートナーもいない、同居人もいない、ペットもいない。

 

上京して5年、帰宅して誰も迎えてくれない毎日にそろそろ寂しさを

感じるようになってきた。

 

 

現状を打破すべく、手っ取り早いのは恋人を作り同棲をすることなんだろうけど、

肝心の僕を愛してくれる女性がない。

 

 

ペットを飼うにも、マンションが許してくれない。

許してくれたとしてもマンションの一室に閉じ込めるのも忍びない。

 

 

それではどうすればいいのか。

ついにあるひとつの答えに辿り着いた。

 

 

 

f:id:ge2:20170717232642j:plain

 

 

そう、梅酒である。

 

 

 

一度始めるとなるとこれがまた面倒だった。

 

HOW TO 梅酒づくり 

 

  1. 材料と瓶を用意する(青梅1kg / 氷砂糖1kg / ホワイトリカー1.8L / 瓶4L / 竹串
  2. 瓶を消毒する(熱湯消毒 + アルコール消毒)
  3. 青梅をアク抜き(約1時間) → ひとつずつ丁寧に水分を拭き取る
  4. 青梅のヘタをひとつずつ取り除く
  5. 青梅、氷砂糖、ホワイトリーカーを入れる

 

 

文字だけで見ると一瞬だが、完成するまでは難産だった。

可愛い子ほど手がかかるというのは梅酒にも通ずるものだった。

 

 

 

 

しかし、飲めるのは最短でも1年後。

 

 

 

 

その日が来るまで、梅酒くんとの共同生活をエンジョイしたいと思う。

 

 

気が向いたところで無駄足

僕は日常において本を読む機会が多い。

 

 

僕は一応モノを書く仕事(小説家ではない)をしているが、文章の本質を

見抜きながらプロの目で読んでいるわけではない。

 

インプットのためといえば聞こえはいいが、それを仕事に還元するほどの

アウトプットが実践できているわけでもない。

 

そして月何十冊もの本を読む、根っからのフリークでもない。

つまりいうところの、「本を読んでいることに満足する」人間である。

さらに意訳すると、「本を読んでいる自分に酔いしれている」人間ともいえる。

 

 

 

以上で僕の読書への熱量が伝わったものとして、

そんな僕が好きだと感じる作家のひとりが、村上春樹さんだ。

 

 

 

初めて読んだ『ノルウェイの森』にはじまり、最新の『騎士団長殺し』まで、

同一の作者の作品でちゃんと読み続けているのは村上春樹さんくらいである。

 

 

その魅力は僕のような稚拙な文章では語り尽くせないので、

村上春樹 魅力」と検索していただければ幸いである。

 

 

 

しかし僕には、村上春樹さんの小説が好きな理由に、文章以外の要素がある。

それは、「イラスト」だ。

 

 

 

村上さんの素晴らしい作品の数々には、本の表紙や挿絵でさらなる魅力を演出する

素敵イラストが存在する。佐々木マキさん、和田誠さん、大橋歩さん、

そして敬愛する、安西水丸さん。

 

 

僕にとっての村上作品は、文章と同じぐらいそのデザインまでも堪能するものである。

 

 

そんなイラストに関して、いまだに悔やんでいることがある。

それは、安西水丸さんがお亡くなりになられた際に催された追悼展示イベントに

足を運べなかったことだ。

 

その年に発売された書籍を購入することでひとり喪に服したつもりでいたが、

この後悔は、きっと今後も消えることはないだろう。

 

 

 

そんななか、先日、偶然ある記事が僕の目を奪った。

 

 

 

 

f:id:ge2:20170716191554p:plain

 

 

 

 

村上春樹と...イラスト...レーター展...? 安西...先生...?

 

 

 

そう、東京は上井草のちひろ美術館で「村上春樹イラストレーター」なる

イベントが開催されてるではないか。8月7日までならまだ全然間に合うではないか。

 

 

ということで本日、炎天下のなか西武新宿線を乗り継ぎ上井草まで向かったのである。

 

 

 

 

上井草までは一瞬だった。驚くほど一瞬だった。

この体感速度は、好きな人とふたりっきりでいるときに時間の経過が早く感じる、

まさに相対性理論そのもの。

 

 

 

初めて降り立った上井草駅は、都会の喧騒を離れたローカル感溢れる風情。

その風景がさらに期待感を煽ってくる。

 

 

「暑かったら無理せず退出してください?」

と話すロウリュの兄ちゃんのごとく煽ってくる。

 

 

すぐさま携帯で地図を開き「ちひろ美術館」と入力する。

すぐに所要時間がスマホに表示される

 

「徒歩21分」

 

 

21分?

話では徒歩7分のはずだが、なぜ3倍に?

 

 

 

ちょいと駅員さん、この辺は昨日今日で道路が無くされたのかい?

この短期間でそれはとてつもない技術力だよ。

この街の作業員は国宝レベルだよ。

日本万歳!!!

 

 

 

刹那、そんな脳内ストーリーが繰り広げられるなか、看板を見てある事実に気づく。

 

 

 

「上石神井

 

 

 

そう、ここは上井草ではなく上石神井

「上」しか合っていない全く別の駅。

そりゃ21分にもなりわけだったのだ。

 

 

 

しかしそんなことプチパニックですぐに片付けられる。

すぐに切り替え、街を歩きながら美術館まで向かおうではないか。

 

 

 

 

ああ暑い、アツい、あつい...

 

 

 

 

そう思いながらも21分なんてあっという間だ。

 もう昔のような後悔は残したくないのだ。

 

 

 

 

そしてついにちひろ美術館に到着。

入館料の¥800は財布から取り出し到着5分前から手に握っていた。

スムーズな足取りでチケットを購入し、いざ館内へ。

 

 

 

 

まず僕を迎えてくれたのは、素敵なイラストの数々。

しかしなんだろう?うーん...こんなイラスト村上作品にあったかな?

 

 

 

いやいや、いくら村上春樹さんが好きだからといって、

その全てを知っているわけではないだろう。

 

 

 

きっと古い作品の初盤にはこのようなイラストがあったのだ。

まだまだ僕はハルキストには程遠い。いかんいかん。

 

 

さて、一周し終わったところだし、別のフロアに行ってみるか。

 

 

 

 

ふむふむ。これも初めてみるイラストだな。

でもこれなんか、『海辺のカフカ』の海外版の挿絵にぴったりじゃないか。

どうやら日本版の小説のイラストだけではないようだ。

 

 

 

さて、また一周してしまった。

次のフロアは...

 

 

 

 

え?これで終わり?

 

 

 

なぜ?なにがあった?

 

 

 

もしや、来るべき美術館間違えた?

またもや上石神井駅現象?

 

 

 

 

そんな不安が頭をよぎるなか、携帯でこのイベントを再び調べてみる。

 

 

 

 

f:id:ge2:20170716194046p:plain

 

 

 

 

 

f:id:ge2:20170716194135p:plain

 

 

 

 

 

2016...?

 

いまは?

 

2017...?

 

 

 

 

これ、去年やん。

 

 

 

終わり

 

気が向いたならサウナから

これは、筆者である僕が、筆をとらずにスマホで書き始めるブログである。


誰が待っていたわけではないが、書いている自分自身としては、重い腰をようやくあげたという感覚である。




数年間コピーライターをしている僕の名刺には、なぜか「コピーライター」という肩書きが入っていない。



その肩書きが名刺に刻印されるのが先か。

それとも、「ブロガー」という、いまとなっては誰でも手に入れることができるフリー素材のような肩書きで自己紹介をする日が来るのが先か。




そういえば、いままで生きてきた中で「職業はブロガーです!」なんて自己紹介は聞いたことがない。



「私、美ジョガーです!」と自ら言う人はいないだろうけど、ブロガーはいてもいいんじゃないだろうか。



仕事で名刺交換をするときに、「今回御社を担当させていただきます、ブロガーの田中です」なんていう人がいたらキャッチーなんじゃないだろうか。



でも、「〇〇信用金庫から参りました、ブロガーの佐藤です!」なんていう人がいたら、機密情報を片手間でリークしてしまいそうで少し心配になるかもしれない。



「佐藤さん!ブログ見ましたよ!またうちの情報漏洩したでしょ!まったく佐藤さんにはかなわんなぁ〜!」なんていう取引先がいるならまだしも、大抵の人は「ブロガー」という肩書きは自分の中にヒッソリとしまっているんだろう。



さぁ、初めての投稿が楽しくなって指が止まらない。しかし、それとは裏腹にこれ以上書くことがない。


まるで肉体が精神を超えてゾーンに入ったアスリートのような気分でいるいまのうちに、ここら辺で終わろうと思う。



うーむ、ブログは終わり方が難しい。