気が向いたならサウナから

好きなことを楽しく。興味のないものを根気よく。知らないものを好きになるように。

気が向いたならサウナから

これは、筆者である僕が、筆をとらずにスマホで書き始めるブログである。


誰が待っていたわけではないが、書いている自分自身としては、重い腰をようやくあげたという感覚である。




数年間コピーライターをしている僕の名刺には、なぜか「コピーライター」という肩書きが入っていない。



その肩書きが名刺に刻印されるのが先か。

それとも、「ブロガー」という、いまとなっては誰でも手に入れることができるフリー素材のような肩書きで自己紹介をする日が来るのが先か。




そういえば、いままで生きてきた中で「職業はブロガーです!」なんて自己紹介は聞いたことがない。



「私、美ジョガーです!」と自ら言う人はいないだろうけど、ブロガーはいてもいいんじゃないだろうか。



仕事で名刺交換をするときに、「今回御社を担当させていただきます、ブロガーの田中です」なんていう人がいたらキャッチーなんじゃないだろうか。



でも、「〇〇信用金庫から参りました、ブロガーの佐藤です!」なんていう人がいたら、機密情報を片手間でリークしてしまいそうで少し心配になるかもしれない。



「佐藤さん!ブログ見ましたよ!またうちの情報漏洩したでしょ!まったく佐藤さんにはかなわんなぁ〜!」なんていう取引先がいるならまだしも、大抵の人は「ブロガー」という肩書きは自分の中にヒッソリとしまっているんだろう。



さぁ、初めての投稿が楽しくなって指が止まらない。しかし、それとは裏腹にこれ以上書くことがない。


まるで肉体が精神を超えてゾーンに入ったアスリートのような気分でいるいまのうちに、ここら辺で終わろうと思う。



うーむ、ブログは終わり方が難しい。